映画「ハチミツとクローバー」と黒猫

映画「ハチミツとクローバー」ではいくつかの場面で画面の片隅に黒猫が登場しますが、輪郭がぼやけており、CG 処理を施されています。

DVD によると、この黒猫には 2 つの意味があるそうです。

  1. 現実と非現実を去来する「絵に描いた猫」であり、リアリズムとファンタジーの両方に立脚させたい、という儚い願いが込められているので輪郭がぼやけている
  2. 登場する黒猫は同一であり、1 匹の猫の行動範囲内で物語が進行していることを示す

1 はほとんどの観客に理解されなかった、と思います(少なくとも、私は言われるまで気付きませんでした)。

しかし、2 の効果は大きく、都内各地でロケを行っているのに同じ黒猫が歩いていることで、浜田山美術大学や寮や花本修司の家が 1 つの町にあることを観客にうまく伝えています。

黒猫

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.loc-hachikuro.com/">成海璃子/生田斗真「ハチミツとクローバー」ロケ地</a>
<a href="http://www.loc-hachikuro.com/cat.html">映画「ハチミツとクローバー」と黒猫</a>